先生との相性の良し悪しが、生徒の意欲に直結してしまう

先生とペースが合うかが大事!相性の重要さ。

個別指導塾は上手く使えばみるみるうちに成績が上がっていく便利な所ですが、気を付けたいのは先生との相性です。個別指導塾では学習ペースも先生が生徒のペースによって判断し、合わせていくので、もっとペースを上げて欲しい時でもゆっくり進めていく先生や、じっくりと教えて欲しいのにかなり指導のペースが速い先生が担当になると、息が合わず、授業を学んでいても上手い具合に学習できず、テストなどのタイミングに間に合わない事もあります。そういう場合は、遠慮をせずにしっかりと先生に相談するか、変えてもらうかすると良いでしょう。変えられない場合でもしっかりとここをゆっくりやって欲しいといった事を伝えるだけでも、変わることがありますから相談をしっかりしましょう。

先生の教え方にも注意!

もう一つ注意したい点は、先生の教え方です。個別指導塾では、どうしても集団で教えるよりも生徒との距離が近くなりがちです。そのため、じっくりと教えてくれる先生が多いのは確かですが、生徒との距離が近すぎるせいで、的確な教え方が出来ないというパターンも存在します。もちろんそうならないように相談をすることが重要になってくるのですが、先生との仲が良い場合では、生徒の方から先生を変えることを拒むこともありますから、難しい問題ではあります。その場合は、なるべく先生を変えるのではなく、相談することで、もっと生徒に対してあった指導をお願いするようにしましょう。仲がいいというのは、生徒が先生を信頼している証拠でもあるので、指導の仕方を変えることで水が地面に沁み込むようにすんなり学習し、成績をアップさせることにもなるからです。

中学受験の塾に早くから入塾することで、準備期間をしっかり持つことができます。ゆとりのある受験計画を立てて有名私立中学で充実したキャンパスライフを過ごそう。