生徒のレベルやペースに合わせるため、授業の進度が遅くなる場合がある

生徒の理解度によって変わってくる

個別指導塾は、マンツーマン指導なので高い確率で生徒の学力を向上出来ます。例えば勉強が苦手な生徒でも、少しずつ学力が伸びます。しかし、生徒の理解度によってはなかなか授業が進まずに学校の授業のスピードよりもかなり遅いスピードで塾の授業が進む事があり、その影響で学校のテストで高得点を取れないという可能性も高いです。しかし、この問題を解決する方法も存在します。それが、生徒自身が復習や予習をしたり塾の授業を集中して聞く事です。

生徒がモチベーション高く勉強する事によって授業の理解度が上がり学校の授業に遅れる事がなくなります。塾だけに頼らずに自分が努力しなければ学力が上がらない事を生徒自信が理解する必要があるでしょう。

教え方が上手い先生に授業をお願いする

個別指導塾の授業のスピードが遅くならないようにするためには、どのような先生に教えてもらうかが大事です。例えば教え方が下手な先生に教えてもらうと、学力が低い生徒ほど授業についていけない可能性があります。勉強が苦手な生徒は、分かりやすく教えてあげないと理解してくれないことが多いからです。しかし、勉強の教え方が上手い先生だと勉強が苦手な生徒に対しても分かりやすく教える事が出来るので、授業のスピードが遅くなる事が少なくなります。

個別指導塾の先生選びでは、先生の学力を重視する人もいますが学力が高くても教え方が下手だと効果的な授業を受ける事が出来ないです。学力だけでなくて教え方の上手さも考慮して先生選びをします。

高校受験に備えて苦手分野を克服しておきたい、勉強に集中することが出来る環境を手に入れたい、学校の勉強だけでは物足りないなどの願望や悩みに寄り添ってくれるのが、中学生の塾です