いつでも気軽に質問できる

子どもの塾選び、どうしてる?

お子さんが小学生にあがり学校での勉強が始まると、親御さんは塾を考える事があると思います。
未就学の頃から既に通ってらっしゃるという方も多いかも知れませんね。

塾にはみんなで一人の先生に教わる集団指導スタイルと、1人か2人の生徒に先生がついてくれる個別指導スタイルがあります。
どちらのタイプがよいかはお子さんのタイプで変わってきます。
例えばある程度自分で勉強ができて、特につまずく事が少ないお子さんは集団指導スタイルがいいかもしれません。
反対に、自分のペースでとことんやりたかったり、勉強に苦手意識があるお子さんには個別指導スタイルがむいているでしょう。
他の子たちを気にすることなく気軽に疑問に思った事を先生に質問できますから、わからないことをそのままにすることなく勉強を進めることができます。

個別指導塾のメリットとは

一番のメリットは常に先生にみてもらえるところでしょう。
その子がつまずくポイントやくせを見つけてもらえるので、確実に伸びるでしょう。
集団の場ではなかなか質問しにくい事でも、個別ならばその場で先生に教えてもらえます。
質問が苦手な子でも、自分のペースで理解していくことができます。
また、家庭教師とはちがい、塾というスペースに自ら通って教わるので、集中して勉強する事が出来るでしょう。

デメリットとしては集団よりは費用がかかるところでしょうか。
しかし、本気でお子さんの学力を伸ばしたいと考えるのであれば、多少の出費は必要経費と言えますね。
どちらにしても、お子さんの向き不向きを検討したうえで選ぶのが良いと思います。

中高一貫の塾は、自分自身の学力の状況を把握しやすく、大学受験に向けてじっくりと対策ができるといったメリットがあります。